生きるとはダイナミック

減算することで、

自分が見えてくる

その減算は、ある過程から

加算、減算のダイナミックさが

必要となる

なぜならば、

余計なものを削りとったことで

みつかる本来の自分という結晶

そこから、その結晶に

経験を加えた新たな拡大を

みるとき、

今までにない世界に触れていかなくては

ならない

その際、染まることはないが、

加算が必要なタイミングがある

そして、またその中から

減算がはじまる

そうすることで、

自分の世界は、プラスαに

進化できるのだ

加算がすべてよくないのではない。

自分を知ることなく、

減算をすることなく、

加算を重ねて、麻痺していくのが

生きるを台無しにするのだ

生きるとは、ダイナミック

加算と、減算をスパイラルに

繰り返して、自分を結晶化し

宇宙でひとつだけの輝きを

身にしていくのだ

おすすめの記事