結界のしくみ

 

 

◇では、この天皇陵古墳の『結界』
どのような仕組みなのでしょうか?

実は、天皇陵の結界には
私たちに身近なものが使われています。

 

そう『炭』です。

この『炭』というのは、
ある特定の周波数を封入できる性質を持っています。

 

同じ周波数をずっと封入しているので
化石の生きていた年代を「放射性炭素年代測定法」によって
調べることができるのも、この原理によるものです。

つまり
炭素は情報が残るということです。

 

 

この性質を利用して、
古来の日本人は、いわゆるゴマ焚きのような
お作法によって、浄化の周波数を『炭』に
封入していきました。

 

これを、
形状としてのエネルギーが非常に高い、
『前方後円墳』の形に沿って配置していくことで、
非常に強度の高い結界が出来上がります。

 

しかしこれでは、
横平面的な結界にしかならないので、
さらに、『はにわ』を並べることによって、
結界を強化していきます。

 

そして、その周りに、
「小堀」という水蒸気の結界を作るんです。

 

こうして、
横、2次元平面的に広がる効果だけでなく、
縦横、3次元立体的にも効果が及ぶ、
完全なる聖域としての『結界』を作り上げています。

 

 

 

◇しかし、
この天皇陵古墳の工程を見る限り、
これを日常で使えるようにするのは大変です。

 

「結界」は古来よりごく限られた人にしか
できなかった技術である上に、

 

技術を再現して、ゴマ焚きのようなお作法を施したとしても、
現代人は、「頭の三角」により脳がノイズまみれなので、
炭などに正しい周波数を打ち込むこともできないんです。

 

 

この『結界』テクノロジーは普通にすると、
なんせ、張るのが難しい。。

 

しかし、
もう難しいことをさらに難しくやる時代は
終わりだと思っています。

というより、
人間本来、できてしまうことです。

 

 

『サキアフの結び』によって
自分で『結界』を張れるようになります。

しかも、3秒で。

炭すら必要ありません。

 

毎日を過ごす場を完全浄化し、
神社のような「聖域」にすることができます。

ネガティブエネルギーは
一切寄せ付けません。。

 

天皇陵でも施されているレベルの結界を
日常で施すことが可能になります。

 

おすすめの記事