魂ってどこにある?

「魂」というコトバを
発しても、

怪訝な顔で
宗教?となることが
少なくなった。

精神世界というか、

日本は、
精神性が、
成熟期に入っている
という人もいる。

昔から精神性は、
高かったのにね。

いろいろなものが分化
し過ぎて、
全体として見れなくなり、

それが、
統合へ向かう動きも
どんどん進んでいる。

魂はどこにある?と聞くと

ほとんどの人が、
自分の胸の中を
指す人が多い。

自分の中に魂があるように
感じるのも、
うなずけてしまう。

死んだ時に、
体重が二十数グラム
軽くなるのも有名な話
なので、

尚更、そう感じるかもしれない。

しかし、

魂は、体の外側にある。

むしろ、魂という器の中に、
肉体がある状態なのだ。

そしてこの魂、結構大きい。

人によって大きさが違うのだが、
平均して直径8メートルくらい
あるのだ。

ということは、

いつも一緒にいる人は、
魂同士が
被っているということを

想像してみてほしい。

夫婦が、顔とか似てくるとか
そういうのも一つの理由だ。

だから、

ここをよく

よーーーーーく、

考えてみてほしい。

誰と一緒にいるか。だ。

これは、人生において
重要な選択といえる。

関連記事

  1. 背中が痛いセンサー

  2. 結界です

  3. 経営者のインスピレーション

  4. ~加算スピリチュアルと減算スピリチュアル~

  5. OMCを伝える時が来た

  6. 結界のしくみ

  7. フィルターによって変わるもの

  8. 『ナーモチャクラ』の秘密

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。