闇ノイズの減算心理学

闇ノイズの減算心理学では、

人の闇や弱みと向き合い、

減算することで、

人生とビジネスを確実に変化させていきます。

人間関係を中心に、マッチングなどが、うまくいくようになり、

自分を活かす場が見つかる実践型教育体系です。

ビジネスシーンにおけるモノコトにおいて、ネガティブや、暗い一面、生き抜くための知恵、腹黒さや計算などは、否定しようのないものです。

闇ノイズや弱みは、用途・用法を間違うと、とんでもないデメリットを生むことにもなります。

しかし、自分の闇ノイズや弱みに何があるかを身をもって知っている人と、そういうものは避け、向き合ってこなかった人とでは、大きな違いをもたらします。

向き合い乗り越えた心の闇ノイズは、闇ハートと成長します。

闇ハートのある人は、

人が生きていくことに対して、

思いやりや優しさ、

相手の生きる世界を十分に認められる、

これをしたらどうなるのかというイメージ力など、

味方となる資産を持っているのです。

人は本来、自分だけの資質や存在としての役割を持って生まれてきました。

しかし、生まれ変わりや社会意識、教育、家族や道徳という人間関係や環境によって、

自分を見出せなくなり、自分を守るため、知識やスキルなどいろいろと加算して生きています。

そうした加算の積み重ねは、心に歪みを生み出し

自分の本質を追いやっていきます。

そうして環境や関係性の中で、

「うまくいかない自分」を、

まるでプログラムのように育てていくのです。

そこに本来の生きる楽しみや充実、影響力はあまりありません。

それが闇ノイズとなるのです。

そのプログラムを、抽出し、カタチにしたものが、闇の神さまです。

闇の神さまは、人や組織の中にあるプログラムであって、

決して人そのものではありません。

人に対しての決めつけやラベルを貼ることではありません。

プログラムとして向き合うことで、

何かを成立させるときに大きな差となって現れるものとなります。

闇ノイズや弱みが明確になることで

向き合い、減算すると、悪魔化することはなくなります。

自分の中の闇ノイズや弱みが何か、

どう使えばいいのか、

なぜ持っているのか、

ということをよく知り、

その闇ノイズや弱みも自分、としてどのように付き合ってやっていくのか?

ということが向き合うこと、減算になります。

人は闇の部分が器となります。

そこにこそ光が輝きを魅せていくのです。

闇が小さいほど光も小さいでしょう。

闇が大きければ大きい程、光も大きく輝けるのです。

闇の神さまの理解が深まる程、ビジネス、人間関係、

この社会で、有利にはたらいていきます。

本当の自分としてやっていくため、

その過程に闇の神さまも、必要な要素であったことがわかっていきます。

この時、あなたの人生は、

自分を生かし、仲間がいて、

楽しくビジネスシーンにいきられていることを

感じていけるようになるのです。